管理人がおもしろいと思った情報を徹底分析

杉本哲太と嫁の神津はづき、育ちの違う二人の結婚のきっかけは?

最近では名優と呼ぶのにもふさわしい風格の杉本哲太ですが、お嫁さんは神津はづきという人だとか。一般人ではないようですが、いったいどんな人なのでしょう?

杉本哲太 嫁 神津はづき 画像1

あまり家庭のにおいを感じさせない杉本哲太ですが、実は既婚者で、嫁は神津はづきということが知られています。最近ではテレビで見かけることはありませんが、神津はづきがどんな人なのか調べてみました。

 

神津はづきは超有名な芸能一家の二女!

神津はづきの父は作曲家の神津善行、母親は中村メイコ、姉は作家の神津カンナ、弟は画家の神津善之介ということで、かなり有名な芸能一家です。神津はニューヨーク大学留学後に女優として一度デビューしますが、1992年に杉本哲太と結婚しました。ヤンキー上がりの杉本との結婚は当時かなりセンセーショナルで大変な話題になったようです。

杉本哲太 嫁 神津はづき 画像2

神津は幼少期の頃は両親や兄弟とテレビに露出する機会も多かったようです。女優活動のあと結婚後は完璧に専業主婦となり、杉本を支えたといわれています。また二人の間には3人の子供がいるそうで、長男の名前は太吉くん、長女はやえさんなのだそう。古風でステキな名前ですよね。

 

育ちのまったく違う二人が結婚したキッカケは?

最初のキッカケは杉本がドラマで共演した岩崎良美を食事に誘った際に、杉本と二人きりになることを躊躇した岩崎が友人の神津を一緒に連れていったことなんだとか。杉本のお目当ては最初は岩崎良美だった可能性もありますね(笑)その後、二人は意気投合したようです。

杉本哲太 嫁 神津はづき 画像3

杉本哲太といえば、リーゼントと皮ジャン姿でのデビューが印象的です。当時大ブームとなった横浜銀蠅の弟分としてロックバンド「紅麗威甦(グリース)」のボーカルとして人気を博しました。その後は演技力が認められ俳優の道に進むことになります。
義父であり作曲家である神津善行は、そんな杉本を理解しようと紅麗威甦のレコードを探しまわり聞いたそうです。いまでは杉本は息子同然に可愛がられているようですね。
有名な芸能一家の娘なのに、世に出ず家族をささえる姿はある意味、妻の鏡ともいえるでしょう。杉本哲太の活躍は妻のおかげといってもいいのではないでしょうか。これからも離婚などせずに仲良くすごしてほしいですよね。

 


関連記事

ページ上部へ戻る