管理人がおもしろいと思った情報を徹底分析

玉山鉄二は在日ではなくて韓国人とのハーフな理由

2014年9月からの、NHK連続テレビ小説「マッサン」に出演することが決まっている玉山鉄二。2012年には結婚、子供の誕生と、プライベートも順調です。そんな玉山鉄二にハーフ疑惑が浮上してきましたので、調べてみました。

玉山鉄二 ハーフ 画像1

 

本当にハーフなのか?

 

玉山鉄二のウィキペディアを見てみますと、ハーフであることには触れられていません。出身地は京都府城陽市となっています。名前の由来などが書かれてありますが、両親に関しての記述はこれのみにとどまっています。以前はウィキペディアにもハーフであることが書かれていたようです。

 

玉山鉄二は父親が在日二世で、母親は日本人のハーフです。韓国系日本人ということになりますね。また、玉山鉄二は韓国訪問の際に「母国」と発言しています。加えて、韓国語でいくつかの単語も秘湯していたということです。本人も、それなりに韓国への思い入れがあるということではないでしょうか。

玉山鉄二 ハーフ 画像2

 

カミングアウトした日はいつ?

 

玉山鉄二が、韓国人とのハーフであることをカミングアウトしたのは、2011年6月。韓国ソウル市で行われた、メガボックス日本映画祭でのこと。ここで初めて、自身の口から父親が韓国人、母が日本人であることを明かしたといいます。日本のファンからは、韓国に対し反感を持ってる人も多く、当時は日本の週刊誌も取り上げるなど、多くの反響を呼びました。

 

在日韓国人にはならないのか?

 

在日韓国人というのは、日本に在留している人で、韓国に国籍を持っている人のことを指します。玉山鉄二の父親は在日二世ですが、現在は帰化して国籍は日本です。ですから、玉山鉄二の場合は、単にハーフということになるのでしょう。日本人であることは間違いありませんね。

玉山鉄二 ハーフ 画像3

今回の記事に、少なからずショックを受けていらっしゃる方もいるかもしれません。ルーツはどうあれ、玉山鉄二には変わらず、これからもいい演技をしてくれることでしょう。これからも、玉山鉄二を応援していきたいと思います!

 


関連記事

ページ上部へ戻る